七五三の写真を撮影しましょう〜大切な思い出を残す〜

男の子の衣装

男の子の七五三のお祝いは数え年の3歳、5歳の時に行われていました。現在は3歳でのお祝いをすることは少なくな、地方によっては行っているところもあるといったくらいになっています。ですが、基本的に現在では、5歳の時に七五三のお祝いをすることが一般的な事だと言えます。
3歳に祝う「髪置き」といったものの意味は女の子と同様にずっと剃っていた髪の毛を伸ばし始めることを祝う儀式です。
この時に男の子が着る衣装は羽二重熨斗目模様の紋付二枚襲です。ヘコ帯を締めて袖無し羽織りを来ます。そして、鼻緒がついた和装用の履物を履くのです。
元気な男の子だと、履き慣れていない和装用の草履やぽっくりなどは予め履き慣らしておくと良いです。
5歳のお祝いは「袴着の祝い」です。これも女の子の帯び同様に、初めて袴を履くことのお祝いの儀式なのです。その際に着ていくものは紋付きの着物、羽織と袴が基本的なものになっています。鷹や兜など、勇ましさのある柄が良いでしょう。足元は白い鼻緒の草履を履かせてあげます。手元には懐剣や扇子を持たせてあげることで凛々しいさがある男の子の姿にしてあげましょう。羽織や袴の柄は、一般的には色紋付の羽織に、無地や縞の袴を合わせます。羽織の紐は白、白い足袋、白い扇子に白い鼻緒といった白を基本とした色合わせをすることが基本です。また珍しいパターンではブレザーやスーツを着せる人もいるようです。