七五三の写真を撮影しましょう〜大切な思い出を残す〜

女の子の衣装

女の子が七五三で着る衣装に関して詳しく知っている人は多くはありません。こういった衣装の基本を抑えておくことでスムーズに撮影していくことが出来ます。
七五三で着る衣装は、祝う年齡によって変わってきます。七五三の最初である3歳のお祝いは「髪置き」と呼ばれています。そのお祝いの意味としてはずっと剃り続けていた髪の毛を伸ばしはじめることを祝う儀式といったものです。3歳の行事ではお宮参りの際に着せた祝い着を仕立て直して着せるケースが多くあります。その際に、子どもにとっては履きなれない草履といった履物は予め履かせてあげておくことで少し慣らしておいてあげましょう。こどもにとって初めての草履は、痛かったり落ち着かないことが多く、苦痛となってしまうこともあるのです。
7歳のお祝いは「帯解き」といいます。帯解きのは初めての帯を結ぶという意味があり、それまでは着物についた紐を結んでいたのが、7歳になってその紐を取り、着物の帯を結んで着るようになるという意味が込められているのです。少女らしがさが出てくる7歳のお祝いは、振り袖に本格的な帯を結ぶといった大切な意味があるのです。
実際に撮影に入る際の衣装が決まったら、髪の毛とメイクも決めていきましょう。かわいい髪飾りをつけ華やかな印象をもたせてあげましょう。
子どもにも少し大人びたメイクをしてあげることも可愛らしくなって良いです。